岡山の内視鏡検査は痛くない!病気の早期発見のためにも受けるのが吉

サイトマップ

クリニックの看板

恥ずかしさを感じることなく受けられる岡山の内視鏡検査

すっきりお腹

大腸がんを早期発見したい時は、腸内の粘膜の状態まで目で見て確認をすることができる内視鏡検査を受けることが有効です。ただ、大腸の検査をする場合、内視鏡はお尻から入れていく形となります。そのため、内視鏡検査の有効性は理解していても、恥ずかしさから検査は避けたいと考える人は少なくありません。岡山の病院では、そんな恥ずかしさを感じる人でも安心して検査を受けることができるように、専用の検査着を用意するなどの対策がされています。

岡山の病院でも多く採用されている大腸検査用の検査着の特徴は、お尻の部分にスリット状の穴が開いていることです。スリット状なので、お尻全体が丸見えになることはありません。お尻が殆ど見えない状態で、内視鏡を体内に入れていく形となるため、お医者様にお尻を見られるのは恥ずかしいという人であっても、安心して検査を受けることができます。異物感に対して不安を感じるという人もいますが、入り口部分には部分麻酔を行うなど、リラックスして検査を受けられるようになっていることが殆どです。内視鏡検査は、大腸がんなどを早期発見したい時に有効な方法です。そのため、必要な時がきたら、岡山の病院に行き検査を受けておく方が良いでしょう。

Recent Posts

説明する医師

病気の早期発見をしたのなら岡山で内視鏡検査を受けよう

がんのように命に関わることもある病気であっても、早期発見をすることができれば、肉体的にも金銭的にも負担が少ない状態での治療が可能となります。そんな早期発見を目指すのであれば、岡山の病院で行われている内視鏡検査を受けることがおすすめです。胃がんの検査をする方法の一つが、バリウムを飲んで行うレントゲン検査です。バリウムを使った検査も、胃がん発見には有効な方法で…